秘書初心者のための電話応対マニュアル

秘書初心者を採用した場合、専用の電話応対マニュアルを用意する事は非常に有効です。もしマニュアルがなければ、初心者ではスムーズに秘書の業務を行う事が難しいと考えられますが、逆にしっかりとしたマニュアルが用意されていれば、電話応対がスムーズに行えるまでの期間を短くすることができ、早い時期に電話をかけてくる相手からクレームを受けるといった心配がなくなります。

秘書初心者でも短い期間で秘書としての電話応対スキルを身につけられるよう、業務内容に応じた電話応対のマニュアルを用意する事が、敷いては企業の業務をスムーズに進ませるためにも大切だと言えるでしょう。

またマニュアルを用意して終わるのではなく、常に時代や顧客のニーズに合った電話応対のマニュアルになるよう、定期的に見直しを行うと、どんどん良いマニュアルが出来上がっていくでしょう。
古い情報のまま放置していると、時代の流れやニーズに対応する事が出来ず、業務がスムーズに流れなくなる可能性がありますので、常により良いものを作るという気持ちを持つ事が大切です。

秘書の電話応対は、ミスをするとその企業の評判や価値を低下させる事になりかねません。
マニュアルを作成する際には、自社の秘書だけではなく、顧客や社に関係する人々の事も考えて、相手に不満や不安を感じさせない、しっかりとした電話対応が身につくようなよマニュアルを作成する必要があります。

また初心者の秘書は電話応対のマニュアルに完全に依存するのではなく、基本を守りつつ雇い主の希望に合わせて臨機応変に対応する力も必要となってくるでしょう。雇い主と相談しながら、自分が使いやすいものにしていく事も大切です。基本マニュアルの習得をゴールとしてとらえるのではなく、進歩、成長するための道具として活用しましょう。うまく活用する事が出来れば能力の高い秘書として長期間にわたって活躍する事が可能になります。